· 

レンタル墓

「レンタル墓」が増えているという。

お墓をレンタルする?そんなことから話題になっているのでしょう。

だが、納骨堂販売に関わっている自分からして、そんな画期的目新しい時代を象徴する仕組みなのかと疑問があります。

そこで、レンタル墓を考察してみます。

ネットニュースで話題になっているレンタル墓を提供しているのは、奈良県にある南都十輪院というお寺です。

ここのホームページ情報を参考にしていきます。


南都十輪院のホームページには、このレンタル墓を「期限付き墓地」と掲載しています。

納骨堂に関わる私としては、この表現の方が分かりやすいです。

 

通常、お墓を建てる場合は、お墓を建てるための墓所と墓石工事の二つの契約が必要になります。

墓所は、その墓地霊園の管理者との墓地使用契約。墓石工事は石材業者との工事請負契約です。民間霊園で既に建っている墓石の場合は、この二つの契約を同時に一つの契約書で行うことも多いです。

墓所の契約は、不動産とは違い、墓所じたいの所有権の売買契約ではありません。土地の所有権は運営法人のものであり、墓所を使用できる権利を購入することになり、非課税対象です。

墓所は、お墓を建てる人の所有物ではありませんので、墓所を使わなくなった場合は、管理者に返還することになります。

 

現在においては、この墓地使用契約も永代使用契約の他に有期限契約の墓地も存在します。

住宅に例えるなら、永代使用契約は通常の土地売買契約。有期限契約は定期借地契約に相当します。

いづれにしても、墓石工事は別途発生することになります。

有期限契約の墓所の場合、契約期限が終了すると、中に納めている遺骨は改葬し、建っている墓石は解体して、更地に戻し、管理者が再販売することになります。契約の際に、期限終了時の遺骨の行き先については明記されていることと思います。例えば、合葬する。あるいは、契約者に返還など。


さて、このレンタル墓の場合ですが、期限終了後は遺骨は返還され、合葬にするか別のお墓にするか再契約になります。ホームページ情報によると、墓石工事は発生しないので、墓石は次の方に再利用ということなのでしょう。

つまり、墓所も墓石も一定期間しか使用しないということです。

住宅に例えるなら、賃貸です。契約期間終了後は、中に納めている遺骨を改葬する、つまり出て行くということです。

 

それを「レンタル墓」という言葉で表現することによって、なんだか軽い印象を与えているのです。

 

納骨堂契約の場合、建物も納骨壇じたいも契約者の所有物ではありません。つまり、納骨堂契約じたいが住宅に例えるなら賃貸契約です。

使用しなくなったら、返還して管理者が再販売します。

レンタル墓の場合も、墓所も墓石も使用しなくなったら返還するということは、納骨堂契約に酷似しています。

その契約期間が、永代使用契約なのか有期限契約なのかの違いです。

こんなに拡散しているのは、「レンタル墓」という言葉を使用した記者のセンスでしょうか。