· 

札幌 納骨堂の選び方


札幌市内でも増えてきた納骨堂。

外のお墓に対して、屋内の納骨堂とは何が違うのでしょう?

 

納骨堂というのは、お墓を建てるまでの間、お骨を一時的に保管しているところと思っている方がいます。

以前はお寺の納骨堂というのは、その通りでした。

ですが、現在において、外のお墓に対して屋内の“お墓”とし利用される方も多くなっています。

現在、札幌にある納骨堂も1年単位の契約ではなく、永代使用が前提になっている納骨堂がほとんどです。

 

現在札幌市の市営墓地は新規募集はしていません。民間霊園は郊外にしかありません。

そこで、天候や季節に左右されずにいつでも気軽にお参りに行け、掃除など管理の手間もかからない納骨堂の需要が増えて来ています。

 

お寺の納骨堂も含めるとたくさんある納骨堂の中で、どこにすればいいのか、何を基準に選べばいいのでしょう。


お寺の納骨堂

お寺の数は、コンビニの数より多いといいます。自宅の近所にもお寺はあるでしょう。それらほとんどのお寺に納骨堂はあります。

 

お寺の納骨堂の特徴

 

一般のお寺の納骨堂の場合、まず宗派が関係してきます。

生前に検討する場合に「自分は特にどの宗派でもない」といっても、将来的に実家のお墓を引き継ぐ可能性があるなら、その宗派にすべきです。

信教の自由だからと、安易に実家と違う宗派に決めた後に、実家のお墓や妻の実家のお墓を継ぐことになった場合、実家や妻の先祖の遺骨を違う宗派であるお寺の納骨堂には納めることはできません。

方法として、別なところの納骨堂にするか、宗派替えして一緒に納めるかになります。

 

また、お寺の納骨堂の場合は、そのお寺の檀家になるのが前提となってきます。

檀家になると、お寺を支える必要があります。今後の葬儀や法要などのお参りは、全てそのお寺に依頼しなければなりません。檀家としてお寺を護持する立場になり、将来的にはお寺の修繕や建て替えの際には、寄付を求められることもあります。

 

お寺によっては、檀家になるために、いわゆる入会金を求められることもあります。

自身の宗派が分かっている場合

 

実家の宗派など自分自身の宗派が分かっている場合に、お寺の納骨堂を検討するには、同じ宗派のお寺を探すことになります。

もし実家でお付き合いのあるお寺さんがあるのでしたら、そのお寺に紹介していただくのが最善です。

 

お寺の体質としては、新参者に門戸は狭いものなのです。

 

その他の納骨堂

将来に渡りお寺と檀家しての付き合いは望んでいない方の場合は、宗派不問で受け入れる納骨堂が選択肢になります。

 

宗旨宗派不問というのは、仏教でも神道でもキリスト教でも無宗教であっても、また各宗旨の中でどの宗派であっても納めることができる納骨堂です。

宗旨宗派不問の納骨堂であっても、お付き合いのあるお寺があるなら、そのお寺にお参りに来ていただいても構わないところが多いですが、事前に確認することが大事です。

また、お寺の付き合いがない方の場合は、指定の宗派の僧侶をご紹介していただくことも可能です。その際には、依頼のあったお参りだけの付き合いであって、将来的に檀家になることを求められることはないのか、お布施金額などを確認しえおいた方が良いでしょう。

 

僧侶の手配を依頼する際に注意が必要なことがあります。

通常、納骨や法要などは土日祝日に集中するこになります。依頼する僧侶もお寺を構えている僧侶ですので、お参りの集中する土日祝などは、希望の時間に沿えないこともありますので、早めの依頼が必要になります。

納骨堂の費用

お墓を建てる際の費用は、墓所代金+墓石工事代+文字彫刻代+管理費などが一般的にかかりますが、

納骨堂の場合は、納骨壇使用権取得費用+仏具代金+管理費が一般的です。

納骨壇使用権取得費用は、それぞれの納骨堂により名称は異なります。永代使用権もしくは冥加金というところが多いでしょうが、意味合いは同じです。

 

納骨堂の場合は、その建物はもちろん管理者の所有物です。そして納骨壇自体もそこの管理者の所有物であり、納骨壇自体の所有権を購入するわけではありません。使う権利つまり使用権を購入することになります。

納骨壇を改葬などで使わなくなった場合は、無償で管理者に返還され、管理者は再販売することになります。

 

ロッカータイプの納骨壇はお骨を納めるスペースのにになりますが、仏壇部分がある納骨壇の場合には、仏具などが必要になってきます。仏具については、それぞれの納骨堂により対応は異なりますが、納骨壇とセットのところもありますし、別途購入する必要があるところもあります。

仏教の場合は、仏具が必要になってきますが、無宗教の方の場合でローソクや線香を使わない場合は、特に仏具を用意する必要はありません。

納骨堂にかかる消費税

お墓にかかる費用のうち、消費税がかからない非課税対象なものは墓所代金のみです。その他の墓石工事や文字彫刻代金には消費税がかかります。

納骨堂の場合は、納骨壇使用権取得費用は非課税対象です。

 

消費税の10%への増税間近と言われている昨今、高額なお墓や納骨堂に対する消費税も大きな負担になります。どの部分が非課税でどの部分が課税対象なのかを明確に確認しておく必要があるでしょう。

 

なお、永代供養料は非課税対象です。