· 

お墓を建てた後に後悔した事

全国石製品協同組合が実施した「一般墓地、永代供養墓、室内墓、樹木葬の種類別に「お墓を建てた後に後悔した事のアンケート調査」を2年連続で実施

 

人生の中でお墓や納骨堂を何度も買い替えている人も少ないと思いますが、マイホームと違いあまり詳細に検討する方も少ないのでしょう。

 

納骨堂とは、以前は一時預かりのところが多かったのですが、現在は「外にお墓」に対して「屋内のお墓」として永代にわたって利用できるところが多くなっています。

 

まず、基本となるお墓の契約内容についてです。

お墓の場合、墓石を建てる土地と墓石工事に区別されます。一般的な不動産とは異なり、お墓を建てる土地を売買で購入するわけではなく、お墓を建てるために土地の使用権を購入することになります。そして、その土地の上に墓石工事を石材業者に依頼します。

民間の霊園の場合は、セットで販売されることが多いです。

 

納骨堂の場合は、遺骨を納める納骨壇を利用する権利を購入することになります。

土地の利用権がない分、外のお墓に比べて割安なケースが多いです。

 

民間の霊園も納骨堂も、維持管理費が必要になってきます。

屋内の納骨堂ですと、年中お参りができますが、電気や暖房、冬期間の除雪代もかかります。年中快適にお参りできる環境を維持するには、利用者が負担する管理費も外の霊園に比べ割高になります。

 

契約時の費用のみならず、将来的な費用負担も考慮に入れなければ、後の後悔になることもあります。