· 

自然葬とは?自然葬の法的解釈は?


「自然葬」というとどんなイメージを持つでしょうか?

散骨?

樹木葬?

自然に還ることが自然葬?

こんなイメージを持つ方が多いと思います。

 

ここでは、散骨や樹木葬に限らず、その他の葬送でも墓石を使わない自然に還る葬送全てを「自然葬」として、その法的根拠も踏まえ、お墓や納骨堂など形式に囚われない葬送を望む方々に、自然葬の種類や現状を発信します。


自然葬の法的解釈

 

自然葬とは法的に問題はないのでしょうか?

遺骨を、いつまでに、どこに、どのように納骨しなければならない、という法律はありません。

 

「墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)」では、

「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。」

「墓地とは、墳墓(お墓)を設けるために、墓地として都道府県知事の許可をうけた区域をいう。」

とあるだけです。散骨してはいけない、とういう法的な規制はありません。法律制定時には、散骨は想定していなかったのです。

 

1991年、当時の市民団体が、相模灘沖で海洋散骨を行いました。

当時の法務省は、「葬送のための祭祀として、節度をもって行われる限り問題はない」と見解を出したとされています。

 

国の法律では問題ないとされていても、地方自治体の条例によって禁止されているところもあります。

2015年現在、北海道長沼町・岩見沢市・七飯町、長野県諏訪市、埼玉県秩父市・本庄市、静岡県御殿場市

事業として散骨を禁止している地域もあります。


刑法190条では「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてあるものを損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。」とされています。

散骨自体は違法ではありませんが、故人の弔いを目的とせずに遺骨を散骨した場合には「遺骨遺棄罪」に問われることになります。

 

日本では、散骨に関する許可や明確な規定などはありません。

だからこそ、節度やルール、マナーを自主的に守ることは大前提である必要があります。


その他の関連する法律

廃棄物処理法

「何人も、公園、広場、キャンプ場、スキー場、海水浴場、道路、河川、港湾その他の公共の場所を汚さないようにしなければならない」

「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない」

 

海洋汚染防止法

「何人も、海域において、船舶から廃棄物を排出してはならない」

 

散骨のため遺灰を撒く行為は、これらの法律にある「廃棄物」には当たらないと考えられます。 


「散骨」は、故人の弔いを目的として、節度をもって、ルールやマナーを守り行う限り合法であると言えるのです。

ここでいう、節度、ルール、マナーというものは、個人的見解の相違があります。そのため、知識がある者に依頼することが大事です。

 

ルールとマナー

陸地に散骨する場合:

他人の土地で散骨を行えば、所有権侵害になります。

近所の公園などで行えば、近隣住民との間でトラブルが生じる可能性があります。

自宅の庭や花壇に散骨した場合も、将来的にはその土地が他人に売却されることも考えられます。

 

海洋に散骨する場合:

漁業者への配慮が必要です。

海水浴場も同様です。

 

散骨するにあたって行政機関への届け出は必要ありません。

 

散骨を行う際のルール

  • 遺骨は2ミリ程度まで粉末化する。
  • 自然に還らない副葬品は撒かない。
  • 喪服の着用は避け、日常を過ごす周辺住民に配慮する。
  • 花を流す際には、茎や枝を取り除く。

散骨は法的規制がないから自由に行ってもいい、という考えからルールもマナーもない散骨が横行することによって、散骨を規制する法律が制定される可能性もあります。

条例で散骨を禁止している自治体では、業者が墓埋法を盾に住民感情を無視し散骨場を推し進めた結果です。

そのような事態を招かないためにも、地域住民への配慮を考えていかなくてはなりません。