· 

介護施設の種類

介護付き有料老人ホーム

老人を入居させ、入浴・排泄・食事の介護、食事の提供、選択・掃除等の家事、健康管理を提供することを目的とする施設

ホームの職員が介護保険のサービスを提供

 

住宅型有料老人ホーム

介護サービスを提供せず、入居者が要介護状態となった場合は、入居者自らが外部の介護サービス事業者と契約して介護サービスを利用。

 

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者住まい法の基準により登録される、バリアフリー構造の住宅。

ケア専門家による安否サービス、生活相談サービス

 

健康型有料老人ホーム

ホームは介護サービスを提供せず、介護が必要となった場合には契約を解除して退去。

 

グループホーム

認知症の高齢者が少人数で共同生活を送りながら、専門スタッフによる身体介護と機能訓練、レクリエーションなどが受けられる施設。

 

ケアハウス(軽費老人ホーム)

身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により、家族との同居が困難な方を「自治体の助成を受ける形」で比較的低料金で入居できる福祉施設。

 

特別養護老人ホーム

常に介護が必要な状態で、居宅において適切な介護を受けることができない困難な方が入居する施設。

 

介護老人保健施設

在宅復帰を目指して、看護、医学的管理下でも介護、機能訓練等の必要な医療、日常生活上の世話を行うことを目的とした施設。


  入居金目安 月額費用目安
介護付き有料老人ホーム

0~億円

12万円~
住宅型有料老人ホーム

0~億円

12万円~
サービス付き高齢者向け住宅

敷金2~3か月分

5~25万円
グループホーム

10~100万円

12~20万円
軽費老人ホーム・ケアハウス

0~数百万円

8~20万円
介護型ケアハウス

0円

8~17万円
特別養護老人ホーム

0円

7~15万円
老人保健施設

0円

8~17万円

※入居費用は敷金のような位置づけに、償却期間や償却率があったり、最初から入居申込金・終身利用権などの名目で別途償却の対象とならない費用も発生する施設もありますので、事前に必ず確認することが必要です。

総額費用・生活費用・認知症の有無・介護支援など介護難民にならないために、家族と専門家を交えて施設と話すことをお勧めします。


施設選びチェックポイント

  • 運営会社の基本姿勢
  • 生活環境、交通アクセス
  • 受け入れ体制(認知症・機能訓練・看取り等)
  • 前金の有無、月額費用、明確な契約内容
  • 居住の広さ、間取り、方角(台所・浴室)
  • 防火、防災体制、衛生管理、清掃状況
  • 食事(メニュー・病気や介護食への対応)
  • 介護サービス体制(医療機関との連携)
  • 施設長の考え方、スタッフの活動ぶり
  • 入居者数、スタッフ比率、雰囲気